【嘘の戦争】最終回 草なぎ剛くん、菊池風磨くんおつかれさまでした

とうとう終わってしまいましたね~。草なぎ剛くん&菊池風磨くん共演のドラマ『嘘の戦争』が昨夜14日に最終回を迎えてしまいました。毎週、これは特に楽しみにしていたので「これからどうしよう」と、心にポッカリ穴が空いてしまった気分です。

しかしながら、最終回、堪能させていただきました!1話から全速力で駆け抜けてきた『嘘の戦争』ですが、ここまで波乱万丈な浩一の人生(復讐劇)を描き続けてきたドラマだったのに、最終回、見事キレイに終わらせてくれましたね。

剛くんがよくドラマ内のセリフで「最後まで嘘はつき通した奴の勝ちだ!」と、言っていましたが、最後の最後までタイトル通り『嘘の戦争』でした。最終回に相応しく、今回、騙されてしまうターゲットになったのは「視聴者」でしたね。こんなワクワクさせてくれる展開を考えた脚本家さん、監督さんもすごいと思うし、それを見事に演じきった剛くんもやはりすごいとしかいいようがありません。

いつも「いい人」ばかり演じてきた剛くんですが、今回はある意味「ダークヒーロー」的な役でもあったように思います。本来、憎むべき詐欺師ではあるものの、背負っている過去や、剛くんが演じているせいもあり、まさに「ダークヒーロー」でした。

そして後輩・セクゾの菊池風磨くん!今だから言いますけど、ぶっちゃけ共演が決まった時には「どうなるかな・・」と不安だったんですよ(笑)それがいい意味で期待を裏切ってくれました。彼の演技があそこまで成長しているとは思いませんでした。やっぱり大先輩との共演ということもあり、いい方向に引っ張られていくのでしょうか。個人的には、今後なにか観たことがない作品に出会ったとき「菊池くんが出ているなら観てみようか・・」と思えるレベルです。お世辞ではなく、素晴らしい演技に感服いたしました。

さて、『嘘の戦争』第10話・最終回の気になる視聴率ですが、11.6%を記録しました。これで全話の視聴率が発表されましたので、平均視聴率は11.25%となります。(ビデオリサーチ調べ 関東地区)

視聴率が取りにくくなった、と叫ばれている時代ですから、なかなかなの数字なのではないでしょうか。

今後は連続ドラマでの続編や、劇場版等、検討してもらえるとうれしい限りですね。剛くん&風磨くん、おつかれさまでした。

シェアする