【玉森裕太】 エピソード まとめ Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)

世界20か国のオープニング興行収入No.1を記録した『キング・オブ・エジプト』の吹き替え版では声優に初挑戦し話題となったジャニーズ・Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)の玉森裕太くん。そんな玉森くんの保存しておきたいエピソードをまとめました。

キスマイ 玉森裕太 エピソード

玉森くんが語る・キスマイメンバーについて

玉森「みんなが宮っちって呼んでたから、ある日オレも「宮っち!」って呼んでみたら「”宮田くん”だろ?」って言われた思い出がある(笑)」

玉森「宮田を一言で表すなら、”ホイップクリームアニメおたく”(笑)この間、「ホイップクリームをしぼり袋から直接口に入れて食べると、超おいしいんだよね!っていってたんだよ。アイツ、ちょっとおかしいでしょ?(笑)」

玉森「宮田がオタゲーやったり、ロケでおいしいもの食べたり、楽しすぎた!これからはダメなところは話し合って、よい番組にしたい!」

玉森「イケメンは見た目じゃなくて、何事も全力でぶつかってる人、熱い人生を送ってる人がイケメンだと思う。全力って疲れるし、なんで続けられんの?って考えたら、みんな信念があるからだなと。そう考えると宮田もイケメンかも。全力でオタクキャラを出し続けてるから。」

玉森「ミツは情熱家。全力投球なんですよ。仕事もストイックだし、遊びも一生懸命なんです。うらやましいです。切り替えもすごくうまくて。」

仕事については?

玉森「2002年の12月1日は事務所に入った日。つまり、人生が変わった日。そして、2011年8月10日にまた変わった。今は”12月1日じゃん、がんばろ”って思えるから、意識がビシッとする大切な日なんだ」

玉森「歌って踊っている時は、今自分がどう見えているのかっていう客観的な目線を持つようにしています。テレビだったら、前もってカメラ割りとかも確認して、ここで映るから、こうしようとか。あと、歌っている時の口をちゃんと見せられるよう、マイクは気持ち下に持とうとか。」

玉森「(映画『レインツリーの国』の)お話をいただいた時は素直に嬉しかったです。映画の主演を任せていただくのは初めてなので、気合を入れて臨みたいと思いました。でも、僕は自分が引っ張っていくタイプではないですから、現場で皆さんと話し合いながら作品作りが出来たらいいなと思ってました。」

玉森「(映画『レインツリーの国』で)心に残っているセリフは色々ありますが、ひとつ挙げるとすれば、『もう一回、君との糸が繋がりますように』です。日常では中々言えないですけど、良い言葉だと思いますし、伸行らしい、伸行だから言える言葉だと感じました。」

玉森「バラエティーにしろ、喋り、ダンス、歌、お芝居と与えられたことは全部一生懸命やる。この仕事をやるためにここで生きてるんだから、嫌なんて言ってらんないし、高い壁も越えていかなきゃ…。」

玉森「テレビを付けたら、毎日どこかしらのチャンネルにキスマイのメンバーが出ている…そんな存在のグループになりたいです!」

玉森くんの恋愛観がわかるエピソード

玉森「今は、恋をする時間よりも、友達とごはん行ったり、買い物に行ったりとか、自分が自由に行動できる時間のほうが大切かな。」

玉森「どちらかというと、カワイイ感じよりカッコよくキメてる子が好きなくらい。スキニー履いてライダース着てる感じとかね。」

玉森「俺と付き合ったら、超つくしてあげるよ!彼女が幸せと思うなら、できるだけ希望は叶えてあげるよ。もし、疲れていて面倒くさくても、彼女がどこかへ行きたいって言えば連れて行く。単なるわがままはダメだけどね。」

玉森「結婚願望は普通…いつかできればいいな、程度。でも子供は絶対娘が欲しい! 小さい時からオシャレで可愛い服をたくさん着させてあげるんだ。近所で評判の美人さんにする。」

玉森「デートに限らず、待ち合わせの10分前には到着しているタイプだから、遅れてくるのは嫌だし、ギリギリ到着も避けて欲しいの。でも寝坊くらいじゃ怒らないよ。しょうがないもん。早くしてねって急がせるけど(笑)」
玉森「俺はカッコいいセリフとかを考えられないタイプだから、好きな子に告白するときも直球で「好きだよー」って言いそうな気がする。」

玉森「(キスマイのメンバーじゃなかったら)多分フツーのサラリーマンになってたと思う。スーツ着て、会社に行って、デスクワークしてっていう…そんで、早く結婚して、奥さんと子供を可愛がる、いいパパになってるんじゃないかな。」

子どもの頃の玉森くんは?

玉森「小さい頃は、すっごいお喋りだったんだよ。昔、撮ったビデオとか見返すと、メッチャ高い声で「ねーママ、ママママ!見てー見てー見てー」ってひたすら喋り続けてる俺がいるの。今の自分と正反対。何で俺、こんなに喋らない人になっちゃったんだろう(笑)」

玉森「母からも、小さいときは今より元気でヤンチャだったって聞いてます(笑)よく外で遊んでたし、服を汚して怒られたり…小学校のとき飼育委員だったけど、ウサギ小屋のニオイが苦手で、掃除をサボるために早退した記憶ありますね。」

玉森「昔から両親に、寝る前はちゃんとトイレに行きなさいって言われてたのね…オネショしないように。それが多分癖になってて、今でも寝る前はトイレに行きたくなる。」

玉森「うちは、食事のマナーに関しては厳しかったな。お箸の持ち方や、食事中にお喋りしてると怒られたりしたな。」

玉森くんにQ&A

【寝るときの格好は?】

Tシャツに短パン。着なくなったTシャツがパジャマになることが多いよ。短パンも普通に着る服として買ったものがパジャマになるって感じ。いわゆる降格だよね(笑)。

【印象に残っているコンサート衣装は?】

デビューコンサートの時のピンクのホットパンツ。最初はぜってー着たくないと思ってた(笑)。でもだんだん慣れてくるものだよ。衣装はスイッチのひとつ。メイクして衣装着ると、仕事モードに入る。

【Goodいくぜ!は、100曲以上聴いたと聞いてますが、その中で自分で選んだ曲は?】

Forza!は、ノリも歌詞も好きなタイプだったので、〇を付けました。一緒に歌う4人とも意見が一致した曲で、じゃあ、これをやりましょう!って。

【最近買ったファッションアイテムは?】

オーダーしてずっと待ってた赤いトランクがやっと届いた! 赤いハードケースって、持ってる人、あまりいないかなと思って作ってもらったの。旅行や遠出するときに使うつもり。

【サンタは何歳まで信じてた?】

「プレゼントはベランダに置いておいたからね♪」ってサンタさんから電話をもらったことがある! 小学生低学年だったけどめっちゃ喜んだのを今でも覚えてる。その電話、父親の友達だったらしいよ(笑)。

【イタズラっ子な女子どう思う?】

つねにイタズラしてくる女子はちょっと疲れちゃうけど、たまにだったらカワイイね。あとはシチュエーションも大事。元気ないとき、俺に笑って欲しいから変顔してくれたらギュってする!

【男女の友情は成立する?】

しない!(キッパリ)絶対、あんなコトやこんなコトになるはず!!

【女子力ってどんなこと?】

玉森「お風呂上がりのボディクリームじゃない?(笑)男でつけるひとってあんまいないし。」

横尾「確かに俺もつけてないけど(笑)、それって女子力になるの?」

玉森「男なら気にならない部分まで自分のことに気を使えるっていう意味ではそうでしょ。」

【玉子焼きについて】

ちなみに俺は、あんまり甘くないほうが、好きだよ。

【自分と同じ名字の人に出会ったことがある?】

よくハンコ売ってるじゃん?玉森絶対ないもん!玉井とか玉木とか森が絶対ない。

【モテる秘訣は?】

秘訣はない。僕も番組などでカッコつけたり挑戦してる側です。

【好きな人に嘘がバレてしまったら?】

バレたら謝るしかないでしょ~。もうそれ以外、手はないと思うよ。

【生まれ変わったら…?】

鳥になって自由に空を飛んでみたい。体の一部しかない翼をパタパタ動かすだけで飛べるってすごくない?その比率で言えば人間だって手足を動かせば飛べそうだけど飛べないもん。どうせなるならタカとかワシ。小さい鳥だと食べられちゃいそうだから(笑)。

【飛び上がるほど、嬉しかった出来事は?】

映画『レインツリーの国』が劇場で公開された日は、うれしかったよね。1年前に撮影に入って、やっとだったから。映画を観た友達が、「泣いたよ」って連絡くれたことも!

シェアする