藤井流星 いい話 エピソード まとめ ジャニーズWEST

歌にダンスに、そして俳優としても活躍中のジャニーズWESTの藤井流星くん。流星くんの二人の妹さんたち、藤井萩花(ふじい しゅうか)ちゃんと、藤井夏恋(ふじい かれん)ちゃんも、ご存知EXILEの妹分である「E-girls 」のメンバーとして活躍中です。そんな芸能一家の流星くんの『いい話』エピソードをまとめました。

藤井流星 いい話エピソード

ずっと一緒にやってきた7人だから。

いまだに、なんで7人でのデビューにこだわってたのかって理由を聞かれても、

いろんな想いがありすぎてパッと言葉ではうまく表現出来ない。

でも”しっくりくるから“ってのがいちばんしっくりくるっていうか。

それがすべてなんじゃないですか。

家族愛。

僕の中では常にずっとあるもの。

家に帰ったらごはんを作ってくれるとか、

誰かが何か買ってきてくれるとか、

何かやってくれるとか。

僕も何処かに行った時はお土産買ってきたりするし。

そういうちっさいちっさい、ひとつひとつの積み重なりが家族愛なんかな。

メンバー。

これはもうずっと付き合ってく仲間ですから。

何かあった時にフォローしてくれたりするのにも愛を感じるし、

困った時に迷惑かけるのもメンバーやし。

その分俺も他のメンバーが困ってる時には助けたいと思うよね。

濱ちゃんから聞いたんやけど、

舞台で共演した藤井隆さんがめっちゃ周囲に気遣いされる方で、

濱ちゃんをはじめとする後輩たちにも

すごく親切に接してくださってたんやって。

誰に対してもそういうもてなし方が自然にできる人ってカッコいいなと思うし、

自分もそうでありたい。

『ミス・パイロット』の共演者やスタッフの方たちから

「錦戸くんが”後輩がいるのでよろしく”って言ってましたよ」って聞いてんけど。

俺は何も聞いてなかったからビックリ!

嬉しいと同時に

錦戸くん、カッケーッ!!」って。

表に出さない優しさと懐の深さを感じた。

ファンはずっと付き合っていくもうひとつのメンバーというか。

メンバーとともになくてはならないものやから。

個人としては他人やのに、

俺の家族と一緒ぐらいの気持ちで応援してくれるって、

そんなありがたいことないからね。

俺らもちゃんと愛を返さないとなって思ってますね。

愛を感じる

サンタになったらファンのみんなにチケットを届けたい。

めっちゃ優しいやん、俺(笑)

大きいホールでコンサートする時がきたら、

そこにみんなで来てほしいから。

俺が仕事から帰って「おなか空いた!」って言うたら、

すぐ食事を作ってくれるからほんまにありがたい。

そんな日々の感謝を込めて、

毎年母の日にはプレゼントをあげとる。

ただ、誕生日にもプレゼントを渡しとるから、

いつ何をあげたのかを忘れてまう。

いちばん好きな仕事はコンサート。

会場に来てくれるお客さんが楽しんでいるのが肌でわかって、

もちろん僕自身も楽しくて。

こんなにみんなの気持ちがひとつになって楽しめる場所って他にないしね。

翼くんが「いつか一緒のステージに立てたらいいね」って言ってくれはって

「頑張ります」って返してんな。

そしたら「コンサート見に来てよ」って連絡がきて

見に行く気満々で待ってたら

流星出るよね?」って出させてもらえることになってん。

めっちゃ嬉しかった!

いつも以上に頑張った!

映画『STAND BY ME ドラえもん』を見に行ってきてん。

中盤あたりで「のび太くん、めっちゃがんばってる!!」って感動して、

ドラ泣きしてしまった。

俺まだ『ドラえもん』を見て泣ける純粋な心を持ってるんやな。

俺のモットーは「言っていたら叶うだろう」なんやけど、

これまでも口に出して叶ったことってたくさんあるねん。

だから今後の目標もいろんなところで話していこうと思う。

デビューしてからはひとりの仕事も

グループのためっていう心がけが芽生えた。

前から7人で行動することが多かったけど、

デビューしてからの方が信頼関係が太くなった。

メンバーだから俺は信頼してるし安心もしてる。

口に出さなくてもわかり合えるメンバーがいるなんて

ホンマに幸せなことやなぁって思う。

シェアする