二宮和也 主演 新ドラマ TBS系日曜劇場『ブラックペアン』キャスト・あらすじ 詳細まとめ

嵐の二宮和也くんが2018年4月に放送がスタートするTBS系日曜劇場「ブラックペアン」(21:00)で主演を務めることが発表されました。本ドラマで二宮くんは、天才的な外科医を演じるということで、各スポーツ誌では大きく報じられています。そして気になるのは物語のあらすじや、二宮くんと共演するキャスト陣ですよね。現時点で報じられている内容をまとめました。

原作は海堂尊の小説「新装版 ブラックペアン1988」

TBS系日曜劇場「ブラックペアン」の原作となるのは、シリーズ累計115万部を突破しているという海堂尊さんの小説「新装版 ブラックペアン1988」です。

Amazon

新装版 ブラックペアン1988

楽天ブックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラックペアン1988新装版 (講談社文庫) [ 海堂尊 ]
価格:750円(税込、送料無料) (2018/2/2時点)

あらすじ

日本を代表する医者の佐伯清剛教授が所属する東城大学医学部付属病院総合外科学教室・通称、佐伯外科が物語の舞台となります。

ここに入局した研修医・世良雅志は二人の医師と出会います。

まず一人は新任講師の高階権太。彼は、ライフルのような見た目の手術道具「スナイプAZ1988」を駆使して手術のあり方を変えようと奮闘、佐伯外科の秩序を乱すやっかいものとなっていました。

そしてもう一人が、そんな高階の手術方法に疑問を持つ「オペ室の悪魔」と呼ばれている万年ヒラ医局員の渡海征司郎。

新米医師の世良雅志という男が、この二人と関わり成長していくといった内容が原作のおおまかなストーリーです。

ドラマでは、二宮くん演じる手術成功率100%の天才外科・渡海征司郎(とかい せいしろう)が、医嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かい、新技術導入を巡る様々な不正や隠された過去を暴いていくという痛快医療エンターテインメントに仕上がっているとのことです。

キャスト発表

  • 二宮和也(主演):渡海征司郎(とかい せいしろう)役・大学病院にいながら出世に興味のない一匹狼。手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医。傲慢な性格で通称“オペ室の悪魔”と呼ばれている。
  • 竹内涼真:世良雅志 役・研修医。大学の医学部時代はサッカー部の俊足サイドバックとして有名だった。教授らに対し堂々とした態度をとり周囲を慌てさせる。
  • 葵わかな:田口公子 役・研修医の世良(竹内)が教育指導する医学部2年生。

竹内くんの指導医というポジションの「高階権太」役、物語の舞台となる「佐伯外科」のボスである「佐伯清剛」役については、現時点では未発表となっています。

ドラマ概要

  • 放送日:2018年4月スタート、日曜21時
  • 放送局:TBS
  • 脚本:丑尾健太郎
  • プロデューサー:伊與田英徳、川嶋龍太郎、峠田浩
  • 原作:海堂尊

TBS

二宮和也 コメント

二宮くんが連続ドラマで主演を務めるのは日テレ系の「弱くても勝てます」以来、4年ぶりとなりました。そんな二宮くんが本ドラマの主演を務めるにあたって意気込みを語っています。

二宮「渡海征司郎というキャラクターについて、僕自身はあまりダークヒーローという認識をしていませんでしたが(笑)、長期間渡海を預からせていただくので、役とじっくりと向き合いたいと思います。 日曜劇場に出演するのは初めてですが、日曜日は家族揃って過ごすイメージなので、そういう日の最後の締めになれるように頑張りたいです。」

『ブラックペアン』関連記事リンクまとめ

嵐二宮、外科医に初挑戦 海堂氏「ブラックペアン」(ニッカン)

嵐・二宮、“オペ室の悪魔”になる!病院の不正を暴く天才外科医役初挑戦(サンスポ)

嵐・二宮和也“オペ室の悪魔” TBS日曜劇場初主演!松潤からバトン(デイリー)

二宮和也4年ぶり連ドラ主演 TBS日曜劇場、松潤から“嵐リレー”(スポニチ)

二宮和也“オペ室の悪魔”TBS系日曜劇場「ブラックペアン」初の外科医役(報知)

シェアする